日本で取得できるMBAに価値はあるのか?

MBAの取得を目指している人は、まず国内制の学校に行くか、それとも海外留学をするかで迷っていると思います。本格的に海外の力を付けたいという人は、留学を基本に考えているかもしれませんが、企業側としてはどちらの方法で取得した方を重要視するのでしょうか?国内・海外のMBA取得についてメリットとデメリットをまとめてみました

国内で取るメリットとは

国内MBAと海外MBAの大きな違いはMBAの評価の違いです。評価というのは世界的な認知度や知名度を指しますが、日本で受けるものと、海外で受けるものとでは全く評価が変わってきます。例えば、「MBAを受けました」というアピールをしても、国内で取ったひとと、海外で取った人とでは差が出てしまいます。これは大学の権威やレベルに比例します。そのため、どんなにその人自体に能力があったとしても、出身の学校名によっては無駄なものとなってしまうこともしばしばあるようです。MBAを受けることができる大学は、各国に多数ありますが、その中でも、高い評価を受けている学校が多くあるのは、アメリカやイギリスなど、世界的に見ても大きな力を持った国家が多いのも事実です。
しかし、国内でMBAが絶対に無駄というということはありません。実際に、MBAを学ぶことでスキルアップにつなげることもできますので、自分の力に箔を付けたいけれど、海外留学することはできない、と言った人は国内MBAを選ぶ人もいるようです。国内MBAのメリットとしては、きちんと日本語でMBAを学ぶことができるということ。そして、自国に居ることで、さまざまな面の不安を抱えることなくのびのびと学ぶことができるのです。そのほかにも、全日制や夜間、通信など自分のニーズに合わせた学び方ができるというのも、国内ならではです。
大きなメリットとしては、MBAの基礎知識をしっかりと学ぶことができるというもの。また、語学に自信がない時にも、学ぶことができると言う点でしょう。

国内で取ったMBAに対する評価とは

yukyfkukk
実際に企業では国内で取得したMBAに対してどのような見解を持っているのでしょうか。
傾向としては、グローバルな交流を持っている外資系の会社になると、国内MBAはあまり高く評価されないようです。海外でMBAを受けるという事は、語学に堪能で、ある程度の経営に必要な会話を外国語で行うことができるというのが前提になっていますので、外国を相手にしている会社にとってはそのことが基本スキルとなるのです。つまり、海外MBAは、語学が堪能であるということをアピールする材料にもなるわけです。国内MBAを受けていても、そう言った目では見られませんので、後付けで「語学も堪能」というアピールをしなければいけません。
メリットとしては、国内ですので、企業の担当者としては、どのスクールで取ったかを瞬時に把握することができるというもの。人事の人間であれば、国内のビジネススクールのレベルは把握しているでしょうから、「〇〇校でMBAを受けました」と言えば理解も早いでしょう。海外MBAを受けても、人事の人間がその学校の事を知らないとせっかくMBAをとっても疑われてしまうことになるかもしれません。また、面接や採用試験の時に人事の人間がその学校を知らないということは、それだけでマイナス評価となってしまうこともあるようですので、有名ではない海外のビジネススクールで取得するよりも、結果的に国内の名の知れたスクールで受けた方が良い、ということにもなりかねません。そう言った結果を見越すのも自分の力の一つです。自分の受ける企業がどのような人材を求めているかを調べるのも、MBAの第一歩になるでしょう。
PRサイト:UMassMBAプログラム

更新情報

MBAを取得しよう! MBA

アーカイブ

カテゴリー

△PAGE TOP